新着情報

11月10日クチーナ・インテグラーレ開催

3時間煮きのこ、パルメザンのサラダ

3ヶ月毎に千駄ヶ谷で行っている食事会、クチーナインテグラーレのお知らせです。

アイヌの人たちは自然にあるすべてのものを神としてあがめて生活してきました。
むやみに自然をけずりとるのではなく、自分たちのおかれた環境に寄り添い感謝し、そのなかでおごることなくそこで得られる日々の糧を大切にいただく、素晴らしく豊かな暮らしをしていました。
沖縄の島々も、その地に根差し力強く生きていく術がまだ残っていますし、内地にも、山間部などには、まだまだその環境と共にくらす日々豊かな暮らしがあるところもあります。

成長、消費に向かう暮らしではなく、大地と月、太陽、あらゆる動植物に感謝し、共に歩んでいく暮らしを続けていくために、アイヌの、沖縄の食事から学んでいきたいと思います。そして沖縄、アイヌの歴史をふりかえれば、今の日本のさまざまな問題もはっきり見えてくるかと。原発も水俣も沖縄も同じ構造ですよね。誰かの犠牲のうえになりたつ社会はごめんです。

11月10日 土曜日 お昼はお料理六品くらいとデザートで3000円、夜はそれプラス二品で4200円です。お好きな時間でご予約ください。
イタリア風チェプオハウやシトなど、乳製品は入りませんが、魚はつかいます。