クチーナ・インテグラーレ -食糧自給率-

「食糧自給率」のテーマに戻る>>
クチーナ・インテグラーレのトップページに戻る>>

2009/10/17

おかげさまで、たくさんの方にきていただけました。いらしてくださった皆さま、どうもありがとうございました。

1皿目

秋ナスのマリネ サツマイモといろんなお豆のサラダ添え、きのこのカルピオーネ

若い花豆(乾燥させる前、モロッコいんげんのようなおおきいさやに入ったままで収穫されたものを、やわらかく茹で、さやからはずしました)、白いんげん、レンズ豆と、ほっくり蒸し煮にしたさつまいもを和えたサラダです。

きのこのカルピオーネは、しめじやマイタケを、水などは加えずにキノコの水分だけで3時間ほどじっくりと煮込み、玉ねぎ松の実レーズンを赤ワインビネガーで煮たソース(カルピオーネ)とオリーブオイルで和えたサラダです。

2皿目
大きく切った野菜のフリットと、くりと雑穀のビエトラ巻

ニンジン、ルヴァーブ、れんこんを、天然酵母の衣をつけてじっくりと熱を入れ、フリットにしました。
根菜が、おいしいですね~

くりと、もちあわやもちきびを合せて炊き、ちょっとだけ白ゴマペーストを入れたものを、ビエトラ(ふだん草~”不断”と書きます 絶えることがない、というほど、生命力の強い菜っぱです)で巻き、軽くトマトで煮込みました。

3皿目
季節の野菜を入れた辛いトマトソースのペンネ
栗と天然ぶなはり茸のリゾット

…すみません、写真を撮ることができませんでした…
天然ぶなはり茸は、宮城の山から、きのこの仙人さまのような長坂さんが送ってくれたものです。

「どれもおいしかったけど、リゾットがいちばん!」
「こんなおいしい、やさしいリゾットは初めて」と
お声をいただきました。

4皿目
栗のティラミス&柿とぶどうの寒天よせ

…すみません、こちらも写真を撮るのを忘れました…

ふんわり、栗の風味のティラミスに、米飴をからめたくりを一粒のせました。
寒天は、熟柿をさっと煮て、ちょっとお酒をいれたものです。

今回は、食糧自給率に思いをはせてみました。

今回のお料理30名様分の材料の総額は…

国産材料   17470円

輸入材料    4730円

総額22200円中、2割が輸入材料、8割が国産材料でした。

さあ、はたして、ここからどういった方向へ思索を進めていくことができるでしょうか。